芸能人・経営者のおくやみ情報

フェルディナン・ビュイソンFerdinand Édouard Buisson

政治家、牧師[フランス]

1932年 2月16日 死去享年92歳

 - ウィキペディアより引用

フェルディナン・エドゥアール・ビュイッソン、またはビュイソン(Ferdinand Édouard Buisson、1841年12月20日 - 1932年2月16日) はフランスの哲学者、教育学者、政治家。
17年間にわたって公教育省の初等教育局長(1879-1896)を務め、とりわけ公教育相ジュール・フェリーが初等教育の無償化、義務化、非宗教化(ライシテ)を推し進めた1880年代の教育改革において法案の立案・執行の任にあたるほか、教育学の古典であり、かつ現在に至るまで高い評価を得ている『教育学・初等教育事典』を編纂した。
ソルボンヌ大学教育学講座の初代教授を務めた後、急進派の議員となり、1905年の政教分離法(ライシテ法)の制定にあたり検討委員会の委員長を務めた。
また、教育同盟(フランス語版)の会長(1902-1906)、人権連盟の会長 (1913-1926) を歴任し、第一次世界大戦後は独仏融和のために尽力。
その功績により、1927年にドイツの政治家・平和運動家ルートヴィッヒ・クヴィデと共にノーベル平和賞を受けた。