芸能人・経営者のおくやみ情報

直木三十五(なおきさんじゅうご)

作家[日本]

1934年 2月24日 死去結核性脳膜炎享年44歳

 - ウィキペディアより引用

直木 三十五(なおき さんじゅうご、1891年(明治24年)2月12日 - 1934年(昭和9年)2月24日)は、日本の小説家である。
本名は、植村 宗一(うえむら しょういち)。
大衆作家として活躍し、『由比根元大殺記』、『南国太平記』などを著した。

関連作品

直木三十五が亡くなってから、88年と89日が経過しました。(32231日)