芸能人・経営者のおくやみ情報

沼田紅緑(ぬまたこうろく)

映画監督脚本家俳優[日本]

1927年 3月30日 死去レプトスピラ症享年37歳

 - ウィキペディアより引用

沼田 紅緑(ぬまた こうろく、1891年4月9日 - 1927年3月30日)は、日本の映画監督、脚本家、元俳優である。
俳優時代の芸名は片岡 定丸(かたおか さだまる)、本名沼田 定次郎(ぬまた さだじろう)。
牧野省三に師事して俳優から映画監督に転向し、牧野の日活からの独立以降、牧野と行動をともにし片腕として信頼された。
阪東妻三郎の第1回主演作品『鮮血の手型』、月形龍之介の第1回主演作品『刃光』、市川右太衛門の映画デビュー作・第1回主演作品『黒髪地獄』を監督し、若き無名俳優であったそれぞれをスターダムに押し上げることに貢献したことで知られる。
『討たるゝ者』では妻三郎の人気を不動のものにし、右太衛門は自らの演技の基礎を築いた沼田を終生の師と仰いだ。

関連作品