芸能人・経営者のおくやみ情報

村山槐多(むらやまかいた)

画家[日本]

1919年 2月20日 死去スペイン風邪享年24歳

 - ウィキペディアより引用

村山 槐多(むらやま かいた、1896年〈明治29年〉9月15日 - 1919年〈大正8年〉2月20日)は、明治・大正時代の日本の洋画家で、詩人、作家でもある。
愛知県額田郡岡崎町(現在の岡崎市)生まれ、京都市上京区育ち。
母方の従兄に山本鼎(画家)と嶺田丘造(官僚)、はとこに黒柳朝(随筆家)がいる。
みなぎる生命力を退廃的・破滅的雰囲気を纏わせながら絵画に表した。
ガランス(深い茜色、やや沈んだ赤色)を好んで使ったことでも知られる。

関連作品

村山槐多が亡くなってから、102年と291日が経過しました。(37547日)