芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤清正(かとうきよまさ)

戦国大名、熊本藩主[日本]

(慶長16年6月24日没)

1611年 8月2日 死去享年50歳

 - ウィキペディアより引用

加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。
肥後熊本藩初代藩主。
通称は虎之助(とらのすけ)。
熊本などでは現代でも、清正公さん(せいしょうこうさん、せいしょこさん)と呼ばれて親しまれている(清正公信仰)。
豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。
秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名となる。
秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に荷担して活躍し、肥後国一国と豊後国の一部を与えられて熊本藩主になった。
明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。

関連作品

加藤清正が亡くなってから、410年と46日が経過しました。(149799日)