芸能人・経営者のおくやみ情報

斎藤道三(さいとうどうさん)

戦国大名[日本]

(弘治2年4月20日没)

(ユリウス暦) 1556年 5月28日 死去討死

斎藤道三 - ウィキペディアより引用

斎藤 道三 / 斎藤 利政(さいとう どうさん / さいとう としまさ、明応3年〈1494年?〉- 弘治2年4月20日〈1556年5月28日〉)は、戦国時代の武将、美濃の戦国大名、道三流斎藤氏初代当主である。
名としては、長井規秀(新九郎)・長井秀龍(新九郎)・斎藤利政(新九郎)・道三などが伝わるが、書状などに現れているのは、藤原(長井)規秀・斎藤利政・道三などのみである。
現在では坂口安吾「信長」や山岡荘八「織田信長」といった小説の影響により、美濃の蝮という綽名でも知られる。
(ただしこの異名は同時代の資料には一切記録されておらず、小説の創作である) 父は松波庄五郎または松波基宗(後述)、子に義龍・孫四郎(龍元、龍重)・喜平次(龍之、龍定)・利堯(利堯・玄蕃助)、長龍(利興・利治)・日饒(妙覚寺19世住職)・日覚(常在寺6世住職)。
また、長井道利は長井利隆(『美濃明細記』)の子で道三の弟(『武家事紀』)とも、または道三が若い頃の子であるともされる[注釈 6]。
娘に姉小路頼綱正室、帰蝶(濃姫、織田信長正室)など。

関連作品