芸能人・経営者のおくやみ情報

明治天皇(めいじてんのう)

第122代天皇[日本]

1912年 7月30日 死去尿毒症享年61歳

明治天皇 - ウィキペディアより引用

明治天皇(めいじてんのう、1852年11月3日〈嘉永5年9月22日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)は、日本の第122代天皇(在位: 1867年2月13日〈慶応3年1月9日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)。
諱は睦仁(むつひと)、御称号は祐宮(さちのみや、旧字体: 祐󠄀宮)。
お印は永(えい)。
倒幕および明治維新の象徴として近代日本の指導者と仰がれた。
国力を伸長させた英明な天皇として「大帝」と称えられる。
在位中に皇族以外の摂政(二条斉敬)、太政大臣(三条実美)、左大臣(有栖川宮熾仁親王)、右大臣(岩倉具視)、征夷大将軍(徳川慶喜)が置かれた最後の天皇であり、また内閣総理大臣(伊藤博文)が置かれた最初の天皇。
複都制としながらも東京府に皇居を置いた。
皇后とともに和歌も多く残しており、その作品数は93,032首に及ぶ。

関連作品

明治天皇が亡くなってから、111年と208日が経過しました。(40751日)