芸能人・経営者のおくやみ情報

明治天皇(めいじてんのう)

第122代天皇[日本]

1912年 7月30日 死去尿毒症享年61歳

 - ウィキペディアより引用

明治天皇(めいじてんのう、1852年11月3日〈嘉永5年9月22日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)は、日本の第122代天皇(在位:1867年2月13日〈慶応3年1月9日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)。
諱は睦仁(むつひと)、御称号は祐宮(さちのみや)。
お印は永(えい)。
倒幕および攘夷派の象徴として近代日本の指導者と仰がれた。
皇族以外の摂政を設置し、かつ在位中に征夷大将軍がいた最後の天皇。
複都制としながらも東京府に皇居を置いた。
現代日本のマスメディアや公文書で広く採用されている中立的・一般的な敬称には当たらないが、明治期の日本の事績を特に高く評価する一部の層からは明治大帝(めいじたいてい)、明治聖帝(めいじせいてい)、睦仁大帝(むつひとたいてい)とも呼ばれることがある。

関連作品