芸能人・経営者のおくやみ情報

西郷隆盛(さいごうたかもり)

幕末の志士、薩摩藩士政治家陸軍大将[日本]

1877年 9月24日 死去自刃享年50歳

 - ウィキペディアより引用

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体:西鄕隆盛、文政10年12月7日〈1828年1月23日〉 - 明治10年〈1877年〉9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人、政治家。
薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。
諱は元服時に隆永(たかなが)のちに武雄・隆盛(たかもり)と名を改めた。
幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変更。
号は南洲(なんしゅう)。
隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名で届け出てしまい、それ以後は父の名を名乗ったためである。
一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門・大島吉之助などの変名も名乗った。
西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。
次弟は戊辰戦争(北越戦争・新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。
大山巌(弥助)は従弟、川村純義(与十郎)も親戚である。
薩摩藩の下級武士であったが、藩主の島津斉彬の目にとまり抜擢され、当代一の開明派大名であった斉彬の身近にあって、強い影響を受けた。
斉彬の急死で失脚し、奄美大島に流される。
その後復帰するが、新藩主島津忠義の実父で事実上の最高権力者の島津久光と折り合わず、再び ……

関連作品