芸能人・経営者のおくやみ情報

島津忠義(しまづただよし)

薩摩藩主政治家、公爵[日本]

1897年 12月26日 死去享年58歳

島津忠義 - ウィキペディアより引用

島津 忠義(しまづ ただよし、1840年5月22日(天保11年4月21日) - 1897年(明治30年)12月26日)は、江戸時代後期(幕末)から明治時代の大名、華族。
薩摩藩12代(最後の)藩主で、島津氏29代当主。
位階・勲等・爵位は従一位勲一等公爵。
幼名は壮之助。
通称は又次郎。
元服後の初名は忠徳(ただのり)だったが、藩主在任中は茂久(もちひさ)を名乗る。
なお、忠義は維新後の慶応4年(1868年)1月16日に改名した諱である。
第125代天皇・明仁(上皇)の曾祖父、第126代天皇・徳仁(今上天皇)の高祖父にあたる。

関連作品

島津忠義が亡くなってから、124年と276日が経過しました。(45567日)