芸能人・経営者のおくやみ情報

黒田清隆(くろだきよたか)

薩摩藩士政治家、内閣総理大臣、伯爵[日本]

1900年 8月23日 死去脳溢血享年61歳

 - ウィキペディアより引用

黒田 清隆(くろだ きよたか、旧字体:黑田 淸隆、天保11年10月16日〈1840年11月9日〉- 1900年〈明治33年〉8月23日)は、明治期の日本の軍人、政治家。
1888年(明治21年)から1889年(明治23年)にかけて第2代内閣総理大臣を務めた。
陸軍軍人としての階級は陸軍中将。
栄典は従一位大勲位伯爵。
通称は仲太郎、了介。

関連作品

黒田清隆が亡くなってから、121年と64日が経過しました。(44259日)