芸能人・経営者のおくやみ情報

スミソン・テナントSmithson Tennant

化学者[イギリス]

(イリジウムとオスミウムを発見)

1815年 2月22日 死去享年55歳

スミソン・テナント(Smithson Tennant、1761年11月30日 - 1815年2月22日)は、イギリスの化学者である。
イリジウムとオスミウムの発見者である。
ヨークシャー州のセルビーに生まれた。
1781年からエディンバラ大学で薬学を学んだが、すぐにケンブリッジ大学に移り、植物学と化学を学んだ。
1790年に学位を得た。
チェダーの近くに農園をかって農学の実験を行った。
1804年プラチナ鉱石の残滓から、イリジウムとオスミウムを発見した。
化学の業績としては、ダイヤモンドが炭素であることも証明した。
1813年、ケンブリッジ大学の化学の教授に任命されたが、1815年、フランスのブローニュ近郊で乗馬して橋を渡ったとき、橋が落ちるという事故で落命した。
この項目は、化学に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:化学/Portal:化学)。
この項目は、科学者に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝/Portal:自然科学)。
典拠管理 GND: 13370808X ISNI: 0000 0000 5149 6481 LCCN: nr93012837 NTA: 339707399 SNAC: w6f91jng VIAF: 43034850 WorldCat Identities: lccn-nr93012837 「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スミソン・テナント&oldid=81443789」から取得 カテゴリ: イングランドの化学者18世紀イギリスの化学者19世紀イギリスの化学者化学元素発見者コプリ・メダル受賞者ケン ……