芸能人・経営者のおくやみ情報

神谷大周(かみやだいしゅう)

侶・浄土宗[日本]

1920年 2月15日 死去享年80歳

天保12年、三河国生まれ。15歳で名古屋・建中寺の大基上人について得度。宗乗・倶舎などを学び、ついで江戸・伝通院の高順上人、京都・智積院の龍謙法印について諸経を究める。明治5年大講義に進み、13年少教正となる。11年浄土宗東部宗学校教授、12年東京深川の霊巌寺の住職となった。26年宗学本校教授。37年浅草・幡隨院住職を兼ね、大正2年大僧正に進む。3年「選択宗要義」を著し浄土各派の異説を統一した。ほかの著書に「結縁五重筌諦」など。(参照元・日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」)

神谷大周が亡くなってから、101年と296日が経過しました。(37186日)

「神谷大周」と関連する故人