芸能人・経営者のおくやみ情報

小松寅吉(こまつとらきち)

石工[日本]

1915年 2月22日 死去享年72歳

小松 寅吉(こまつ とらきち、弘化元年(1844年) - 大正4年(1915年)2月22日)は、明治時代、福島県内で活躍した石像彫刻家。
高遠藩を脱藩して福島に住み着いた石工・小松理兵衛に弟子入りし、理兵衛の長男の養子として小松家に入籍、小松 布孝(こまつ のぶたか)を襲名した。
技巧を凝らした石彫刻作品を多数残し「奇巧の石工」などとも呼ばれる。
一番弟子の小林和平とともに、特に、狛犬(獅子像)彫刻を芸術にまで高めた名工として知られている。

関連作品

小松寅吉が亡くなってから、106年と288日が経過しました。(39005日)

「小松寅吉」と関連する故人