芸能人・経営者のおくやみ情報

横井小楠(よこいしょうなん)

熊本藩士、参与、儒学者[日本]

(明治2年1月5日没)

1869年 2月15日 死去暗殺享年61歳

 - ウィキペディアより引用

横井 小楠(よこい しょうなん)は、日本の武士(熊本藩士)、儒学者。
横井 時存(よこい ときひろ/ときあり)とも呼ばれる。
本姓は平氏で、北条時行の子孫を称していた。
諱は時存(「ときひろ」「ときあり」)であり、朝臣としての正式な名のりは平 時存(たいら の ときひろ/ときあり)。
通称は平四郎で、北条平四郎時存、北条四郎平時存ともいう。
「小楠」は彼が使った号の一つで、楠木正行(小楠公)にあやかって付けたものとされる。
他の号に畏斎(いさい)、沼山(しょうざん)がある。
字は子操。

関連作品

  • タイトル
    国是三論 (講談社学術文庫)
    種別
    文庫
    著者
    • 横井小楠
    • 花立三郎
    出版社
    講談社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,042
    中古商品
    ¥3,000より
  • タイトル
    横井小楠研究
    種別
    単行本
    著者
    出版社
    藤原書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥10,450
    中古商品
    ¥8,480より

横井小楠が亡くなってから、152年と285日が経過しました。(55803日)