芸能人・経営者のおくやみ情報

高野長英(たかのちょうえい)

蘭学者[日本]

(嘉永3年10月30日没)

1850年 12月3日 死去享年47歳

 - ウィキペディアより引用

高野 長英(たかの ちょうえい、文化元年5月5日(1804年6月12日) - 嘉永3年10月30日(1850年12月3日))は、江戸時代後期の医者・蘭学者。
通称は悦三郎、諱は譲(ゆずる)。
号は瑞皐(ずいこう)。
実父は後藤実慶。
養父は伯父・高野玄斎。
江戸幕府の異国船打払令を批判し開国を説くが、弾圧を受け死去した。
1898年(明治31年)7月4日)、その功績により正四位を追贈された。
主著に『戊戌夢物語』『わすれがたみ』『三兵答古知機』など。
また、オランダ語文献の翻訳作業も多く行っている。

関連作品