芸能人・経営者のおくやみ情報

横光利一(よこみつりいち)

作家[日本]

1947年 12月30日 死去享年50歳

横光利一 - ウィキペディアより引用

横光 利一(よこみつ りいち、1898年〈明治31年〉3月17日 - 1947年〈昭和22年〉12月30日)は、日本の小説家・俳人・評論家。
本名の漢字表記は同じで、「よこみつ としかず」と読む。
菊池寛に師事し、川端康成と共に新感覚派として大正から昭和にかけて活躍した。
『日輪』と『蠅』で鮮烈なデビューを果たし、『機械』は日本のモダニズム文学の頂点とも絶賛され、また形式主義文学論争を展開し『純粋小説論』を発表するなど評論活動も行い、長編『旅愁』では西洋と東洋の文明の対立について書くなど多彩な表現を行った。
1935年(昭和10年)前後には「文学の神様」と呼ばれ(ただし、河上徹太郎によればこの称号は皮肉混じりに冠せられたものだという)、志賀直哉とともに「小説の神様」とも称された。
戦後は戦中の戦争協力を非難されるなか、『夜の靴』などを発表した。
死後、再評価が進んだ。
また、西洋近代の超克をめぐる横光への文学的評価の是非は文学者、作家の中でも大きく分かれることが多い。

関連作品

横光利一が亡くなってから、76年と149日が経過しました。(27908日)