芸能人・経営者のおくやみ情報

宮本百合子(みやもとゆりこ)

作家[日本]

1951年 1月21日 死去髄膜炎菌敗血症享年53歳

 - ウィキペディアより引用

宮本 百合子(みやもと ゆりこ、1899年(明治32年)2月13日 - 1951年(昭和26年)1月21日)は、昭和期の小説家、評論家。
旧姓は中條(ちゅうじょう)、本名はユリ。
日本女子大学英文科中退。
18歳で『貧しき人々の群』を発表し天才少女と注目された。
米留学後結婚したが離婚、その経緯をまとめた『伸子』を発表。
その後ソ連を訪れ日本共産党に入党。
宮本顕治と結婚。
再三検挙されながらも執筆活動を続けた。
戦後は『歌声よ、おこれ』を書いて民主主義文学運動の出発を宣言、『播州平野』『風知草』『二つの庭』『道標』などを書いた。
日本の左翼文学・民主主義文学、さらには日本の近代女流文学を代表する作家の一人である。

関連作品