芸能人・経営者のおくやみ情報

平林たい子(ひらばやしたいこ)

作家[日本]

1972年 2月17日 死去享年68歳

 - ウィキペディアより引用

平林 たい子(ひらばやし たいこ、1905年(明治38年)10月3日 - 1972年(昭和47年)2月17日)は、日本の小説家。
本名タイ。
職を転々としながら、同棲、離別、検挙、生活破綻、中国大陸や朝鮮での放浪などを経て、その体験から『嘲る』『施療室にて』を発表。
プロレタリア作家として出発した。
戦後は反共姿勢を強め、晩年は難病に苦しんだが、社会や人生の不条理を逞しい筆致で描いた作品で知られた。
没後日本芸術院賞恩賜賞を受け、平林たい子文学賞が設定された。

関連作品

平林たい子が亡くなってから、49年と244日が経過しました。(18141日)