芸能人・経営者のおくやみ情報

円地文子 氏(えんちふみこ)

作家[日本]

(本名・圓地富美)

1986年 11月14日 死去急性心不全享年82歳

 - ウィキペディアより引用

円地 文子(えんち ふみこ、1905年(明治38年)10月2日 - 1986年(昭和61年)11月14日)は、日本の小説家。
本名は圓地 富美(えんち ふみ)。
上田万年二女。
戯曲から小説に転じ、『ひもじい月日』で文壇に地位を確立。
江戸末期の頽廃的な耽美文芸の影響を受け、抑圧された女の業や執念を描いて古典的妖艶美に到達。
戦後の女流文壇の第一人者として高く評価された。
『源氏物語』の翻訳でも知られる。
芸術院会員。
文化功労者、文化勲章受章。

関連作品

円地文子さんが亡くなってから、35年と24日が経ちました。(12808日)