芸能人・経営者のおくやみ情報

小山内薫(おさないかおる)

作家演出家[日本]

1928年 12月25日 死去脳梗塞享年48歳

小山内薫 - ウィキペディアより引用

小山内 薫(おさない かおる、1881年〈明治14年〉7月26日 - 1928年〈昭和3年〉12月25日)は、明治末から大正・昭和初期に活躍した日本の劇作家、演出家、批評家。
日本の演劇界の革新にその半生を捧げた"新劇の父"。
1909年に「自由劇場」を、1922年に土方与志らと「築地小劇場」を設立し、新劇運動に尽力した。
戯曲に『第一の世界』(1920年)、『息子』(1922年)などがある。

関連作品

  • タイトル
    小山内薫 作品集
    種別
    Kindle版
    著者
    • 小山内薫
    出版社
    オリオンブックス
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥110
    中古商品
  • タイトル
    演出者の手記 複製版 2456939
    種別
    ペーパーバック
    著者
    • 小山内薫
    出版社
    Independently published
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,960
    中古商品

小山内薫が亡くなってから、95年と70日が経過しました。(34769日)