芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリック・イプセンHenrik Johan Ibsen

作家詩人[ノルウェー]

1906年 5月23日 死去享年79歳

 - ウィキペディアより引用

ヘンリック(ヘンリク)・イプセン(Henrik Johan Ibsen、1828年3月20日 - 1906年5月23日)は、ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。
近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称される。
シェイクスピア以後、世界でもっとも盛んに上演されている劇作家とも言われる。
代表作には、『ブラン』『ペール・ギュント』(1867年に執筆。
1874年にグリーグに劇音楽の作曲を依頼する。
)『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などがある。
自身はノルウェーを嫌い、長くドイツやイタリアで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったが、現在は国の象徴、そして世界史上最も重要な劇作家の一人として尊敬され、長らくノルウェーの最高額面の1000クローネ紙幣にその肖像が描かれていた。

関連作品

  • タイトル
    人形の家
    種別
    Kindle版
    著者
    出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥0
    中古商品
  • タイトル
    イプセン現代劇上演台本集
    種別
    単行本
    著者
    • ヘンリックイプセン
    • HenrikIbsen
    • 毛利三彌
    出版社
    論創社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,850
    中古商品
    ¥2,940より

「ヘンリック・イプセン」と関連する故人