芸能人・経営者のおくやみ情報

サタジット・レイ 氏Satyajit Ray

映画監督作家[インド]

1992年 4月23日 死去享年72歳

 - ウィキペディアより引用

サタジット・レイ(英語:Satyajit Ray、ベンガル語:সত্যজিৎ রায়、1921年5月2日 - 1992年4月23日)は、インドの映画監督、脚本家、作曲家、小説家、カリグラファー、イラストレーターである。
サタジット・レイという呼称は英語読みを日本語に移したもので、ベンガル語ではショトジット・ライ(IPA: [ˈʃɔtːodʒit ˈrai̯] ( 音声ファイル))と発音される。
インド映画もしくはベンガル語映画を代表する監督であり、国際的に高く評価され影響を与えた巨匠のひとりと広く見なされている。
生涯で36本の映画を監督したが、その中には長編劇映画だけでなく、ドキュメンタリーや短編映画も含まれている。
映画以外にも、作家として児童文学作品などを執筆しており、さらにベンガル文字のカリグラフィーの創作や、本やポスターのグラフィックデザインでも知られた。
サタジットはカルカッタ(現在のコルカタ)の著名な文学者の家に生まれ、広告会社や出版社のデザイナーとしてキャリアを始めたが、フランスの映画監督ジャン・ルノワールとの出会いや、ネオレアリズモ映画『自転車泥棒』(1948年)を見たことから映画監督の道へ進んだ。
初監督作品『大地のうた』(1955年)は、第9回カンヌ国際映画祭のヒューマン・ドキュメント賞などを受賞し、インド映画が国際的に注目されるきっかけとなった。
この作品は『大河のうた』(1956年)、『大樹のうた』(1959年)とともに「オプー三部作 ……

関連作品

サタジット・レイさんが亡くなってから、30年と32日が経ちました。(10990日)