芸能人・経営者のおくやみ情報

サタジット・レイ 氏

映画監督[インド]

1992年 4月23日 死去享年72歳

 - ウィキペディアより引用

サタジット・レイ(ベンガル語:সত্যজিৎ রায়, ヒンディー語:सत्यजीत राय, 英語:Satyajit Ray, 1921年5月2日 - 1992年4月23日)はインドの映像作家。
映画界における巨匠の一人に挙げられている。
映画制作以外にも、築き上げた彼独特の文体で執筆された小説や、カリグラフィーなど広告媒体の制作でも知られる。
サタジットはコルカタ市の、世界的に有名なベンガル人芸術・文学一家に生まれた。
彼の経歴は広告媒体の制作から始まり、ロンドン滞在時にフランス人映像作家のジャン・ルノワールと出逢い、またイタリア人ネオレアリズモのヴィットリオ・デ・シーカの『自転車泥棒』を見たことから、自主映画の製作に身を投じた。
サタジットが制作した映画はドキュメンタリーや短編映画も含めて37本ある。
彼はまたフィクションの作家、出版者、イラストレーター、グラフィックデザイナー、そして映画評論も行った。
1955年に公開されたレイ初の映画『大地のうた』は、国際的な賞を11個授かり、その中にはカンヌ国際映画祭のBest Human Documentaryもある。
この作品と、1956年の『大河のうた(英語版)』、1959年の『大樹のうた(英語版)』の3作は「オプー三部作(英語版)」と呼ばれる。
サタジットは脚本、キャスティング、映画音楽、編集から、制作した映画のクレジット・タイトルや広告のデザインまでも手がけた。
彼は生涯において、インドの第32回ナショナル・フィル ……

関連作品