芸能人・経営者のおくやみ情報

イングマール・ベルイマン 氏

映画監督脚本家、舞台演出家[スウェーデン]

2007年 7月30日 死去享年90歳

 - ウィキペディアより引用

イングマール・ベルイマン(Ingmar Bergman, 1918年7月14日 - 2007年7月30日)は、スウェーデンの映画監督・脚本家・舞台演出家。
スウェーデンを代表する世界的な映画監督として知られる。
「神の沈黙」、「愛と憎悪」、「生と死」などを主要なモチーフに、映画史に残る数多くの名作を発表した。
生涯 イングマール・ベルイマンは1918年7月14日にウプサラ(ストックホルムから60km)で生まれた。
ベルイマン家は16世紀まで辿れる名家であり、先祖の多くもそうだったように父は牧師であった。
兄のダーグは外交官、姉のマルガレータは小説家である。
1944年、アルフ・シェーベルイ監督の『もだえ』の脚本を手がけた。
1945年、『危機』で映画監督としてデビューし、その後、数本の低予算映画の中で自らのスタイルを模索する。
1950年、『夏の遊び』の頃から映画監督ベルイマンとしてのスタイルを確立した。
1952年、『不良少女モニカ』でフランスのヌーヴェル・ヴァーグの作家たちに賞賛される。

関連作品