芸能人・経営者のおくやみ情報

小津安二郎(おづやすじろう)

映画監督脚本家[日本]

1963年 12月12日 死去享年61歳

 - ウィキペディアより引用

小津 安二郎(おづ やすじろう、1903年12月12日 - 1963年12月12日)は、日本の映画監督、脚本家である。
日本映画を代表する監督のひとりであり、サイレント映画時代から戦後までの約35年にわたるキャリアの中で、原節子主演の『晩春』(1949年)、『麦秋』(1951年)、『東京物語』(1953年)など54本の作品を監督した。
ロー・ポジションによる撮影や厳密な構図などが特徴的な「小津調」と呼ばれる独特の映像世界で、親子関係や家族の解体をテーマとする作品を撮り続けたことで知られ、黒澤明や溝口健二と並んで国際的に高く評価されている。
1962年には映画人初の日本芸術院会員に選出された。

関連作品