芸能人・経営者のおくやみ情報

坂本武 氏(さかもとたけし)

俳優[日本]

1974年 5月10日 死去心不全享年76歳

 - ウィキペディアより引用

坂本 武(さかもと たけし、1899年9月21日 - 1974年5月10日)は、日本の俳優。
本名は永石 武平。
松竹蒲田撮影所で軽妙な脇役として活躍し、斎藤寅次郎監督らによる短篇喜劇映画に多く出演した。
小津安二郎監督作品にも常連出演し、『出来ごころ』『浮草物語』などの「喜八もの」では主人公の喜八を演じて人気を得た。
上記以外の出演作品に『カルメン故郷に帰る』『煙突の見える場所』など。
来歴・人物 1899年(明治32年)9月21日、兵庫県赤穂郡坂越村(現在の赤穂市坂越)に、漁師の父・安吉と母・ます江の5人兄弟の長男として生まれる。
坂越尋常高等小学校卒業後、大阪の時計店に勤めるうち、松旭斎天勝一座の奇術を観に行き、舞台からの呼びかけに奇術の相手として飛び入り出演する。
それで芸人志望が昂じ、1921年(大正10年)に地方巡業の旅一座に入る。
1923年(大正12年)、一座が解散し、松竹下加茂撮影所へ仕事を貰いに行ったところ、たまたま高所から川に飛び込む役を俳優たちが尻込みしているのを見て、即座に志願してやってのけた。

関連作品

の言及 【浮草物語】より …小津安二郎監督の1934年松竹蒲田作品。《出来ごころ》(1933)に次いで坂本武が喜八という名の主人公を演じ,これに次ぐ《東京の宿》(1935)とともに〈喜八物〉と呼ばれる。1931年の五所平之助監督の《マダムと女房》以来,監督たちは次々とトーキーを目ざし,当時もっとも多くトーキー作品を作っていた松竹蒲田撮影所であったが,小津はかたくなに34年のこの作品まで完全なサイレントに固執した。… ※「坂本武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)