芸能人・経営者のおくやみ情報

森繁久彌 氏(もりしげひさや)

俳優歌手、コメディアン[日本]

2009年 11月10日 死去老衰享年97歳

 - ウィキペディアより引用

森繁 久彌(もりしげ ひさや、1913年(大正2年)5月4日 - 2009年(平成21年)11月10日)は、日本の俳優、声優、歌手、コメディアン(喜劇俳優)、元NHKアナウンサー。
最晩年はアクターズセブン所属。
別表記に森繁久弥。
身長168cm。
血液型はB型。
昭和の芸能界を代表する国民的俳優の一人であり、映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌唱・エッセイなど幅広い分野で活躍した。
早稲田大学を中退後、NHKアナウンサーとして満州国へ赴任。
帰国後、舞台やラジオ番組への出演で次第に喜劇俳優として注目され、映画『三等重役』『社長シリーズ』『駅前シリーズ』で人気を博した。
人よりワンテンポ早い軽快な演技に特色があり、自然な演技の中に喜劇性を込めることのできるユニークな存在として、後進の俳優にも大きな影響を与えた。
また、『夫婦善哉』『警察日記』等の演技が高く評価され、シリアスな役柄もこなした。
映画出演総数は約250本を超える。
舞台ではミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』で主演し、上演回数900回・観客動員約165万人の記録を打ちたてた。
『知床旅情』の作詞・作曲者であり、歌手としても紅白歌合戦に7年連続で出場している。
巧みな語りは「森繁節」と呼ばれるほどに定評があり、ラジオ番組『日曜名作座』への出演のほか、朗読作品も多い。
先に亡くなった俳優たちの弔辞を読む姿でも知られる。
慈善事業にも尽力し、自身の寄付活動を伴淳三郎ら ……

関連作品