芸能人・経営者のおくやみ情報

長塚節(ながつかたかし)

短歌歌人[日本]

1915年 2月8日 死去享年37歳

長塚節 - ウィキペディアより引用

長塚 節(ながつか たかし、1879年(明治12年)4月3日 - 1915年(大正4年)2月8日)は、日本の歌人、小説家。
茨城県結城郡に生まれた。
病弱で中学を中退、療養生活の中で短歌に親しんだ。
正岡子規の『歌よみに与ふる書』に深い感銘を受け、1900年に入門。
ひたすら子規の写生の風を摂取、子規短歌の最も正当な継承者と言われた。
「馬酔木」「アララギ」の創刊に参画。
晩年には、透徹した清澄な調べをめざす「冴え」の説を唱えた。

関連作品

長塚節が亡くなってから、109年と108日が経過しました。(39920日)