芸能人・経営者のおくやみ情報

伊藤左千夫(いとうさちお)

短歌歌人作家[日本]

1913年 7月30日 死去脳溢血享年50歳

伊藤左千夫 - ウィキペディアより引用

伊藤 左千夫(いとう さちお、本名:伊藤 幸次郎、1864年9月18日〈元治元年8月18日〉- 1913年〈大正2年〉7月30日)は、日本の歌人、小説家。
明治期に活躍した。
明治法律学校(現・明治大学)で学ぶが、眼病のため中退し帰郷。
再度上京し、1889年に牛乳搾取業を始めた。
短歌に関心をもったのは1893年頃で、正岡子規の『歌よみに与ふる書』に感動、1900年に門人となった。
子規没後は、根岸短歌会の中心となり、「馬酔木」「アララギ」を創刊、アララギ派の基礎を作った。
1905年には、純愛小説『野菊の墓』を発表、夏目漱石にも激賞された。
晩年には、感情の直接的表現と、熱情の奔流を主張する「叫び」の説を唱えた。
門人に島木赤彦・斎藤茂吉らがいる。

関連作品

  • タイトル
    『伊藤左千夫作品集・19作品⇒1冊』
    種別
    Kindle版
    著者
    • 伊藤左千夫
    出版社
    伊藤左千夫作品集・出版委員会
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥99
    中古商品
  • タイトル
    奈々子
    種別
    ペーパーバック
    著者
    • 伊藤左千夫
    出版社
    青空文庫POD[NextPublishing]
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥440
    中古商品

伊藤左千夫が亡くなってから、110年と305日が経過しました。(40483日)