芸能人・経営者のおくやみ情報

島木赤彦(しまきあかひこ)

短歌歌人[日本]

(別号・柿乃村人)

1926年 3月27日 死去胃がん享年51歳

島木赤彦 - ウィキペディアより引用

島木 赤彦(しまき あかひこ、1876年(明治9年)12月16日 - 1926年(大正15年)3月27日)は、日本の明治・大正時代のアララギ派歌人。
本名は久保田俊彦。
別号、柿乃村人。
長野県上諏訪の生まれ。
1898年、長野師範学校を卒業。
小学校教員のかたわら、1903年に歌誌「比牟呂」を創刊、やがて伊藤左千夫の門下となった。
1909年には「比牟呂」を「アララギ」に合流させ、以来、斎藤茂吉、土屋文明らと並ぶアララギ派の有力歌人として活躍。
左千夫と長塚節なきあとは上京し、「アララギ」の編集責任者となった。

関連作品

島木赤彦が亡くなってから、98年と63日が経過しました。(35858日)