芸能人・経営者のおくやみ情報

金子みすゞ(かねこみすず)

童謡詩人[日本]

1930年 3月10日 死去服毒自殺享年26歳

金子みすゞ - ウィキペディアより引用

金子 みすゞ(かねこ みすず、本名:金子 テル〈かねこ テル〉、1903年〈明治36年〉4月11日 - 1930年〈昭和5年〉3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。
26歳で夭逝するまで約500編の詩を遺した。
没後半世紀はほぼ忘却されていたが、1980年代以降に脚光を浴び、再評価が進んだ。
西條八十に激賞されたが早逝、幻の童謡詩人とされていた。
遺稿集が発掘され、出版(1984年)、深く優しい世界観が広く知られた。
代表作に「私と小鳥と鈴と」「大漁」など。

関連作品

  • タイトル
    金子みすゞ名詩集
    種別
    Kindle版
    著者
    • 金子みすゞ
    出版社
    彩図社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥535
    中古商品
  • タイトル
    金子みすゞ童謡全集
    種別
    単行本
    著者
    • 金子みすゞ
    • 矢崎節夫
    出版社
    フレーベル館
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,960
    中古商品
    ¥7,099より

金子みすゞが亡くなってから、94年と41日が経過しました。(34375日)