芸能人・経営者のおくやみ情報

継体天皇(けいたいてんのう)

第26代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0531年 3月10日 死去

 - ウィキペディアより引用

継体天皇(けいたいてんのう、450年?〈允恭天皇39年〉 - 531年3月10日?〈継体天皇25年2月7日〉)は、日本の第26代天皇(在位:507年3月3日?〈継体天皇元年2月4日〉 - 531年3月10日?〈継体天皇25年2月7日〉)。
諱はヲホド。
『日本書紀』では男大迹王(をほどのおおきみ)、『古事記』では袁本杼命(をほどのみこと)と記される。
また、『筑後国風土記』逸文に「雄大迹天皇(をほどのすめらみこと)」、『上宮記』逸文に乎富等大公王(をほどのおおきみ)とある。
なお、隅田(すだ)八幡神社(和歌山県橋本市)蔵の人物画像鏡銘に見える「孚弟王(男弟王?)」は継体天皇を指すとする説がある(後述)。
別名として、『日本書紀』に彦太尊(ひこふとのみこと)とある。
漢風諡号「継体天皇」は代々の天皇とともに淡海三船により、熟語の「継体持統」から継体と名付けられたという。
第26代に当たる継体天皇は、現在の皇室までつながる天皇系統の始まりとみなされている人物である。

関連作品