芸能人・経営者のおくやみ情報

推古天皇(すいこてんのう)

第33代天皇 (在位593年-628年)[日本]

(ユリウス暦) 0628年 4月15日 死去享年75歳

 - ウィキペディアより引用

推古天皇(すいこてんのう、554年5月21日〈欽明天皇15年乙巳朔癸丑: 4月9日〉- 628年4月15日〈推古天皇36年3月7日〉)は、日本の第33代天皇(在位:593年1月15日〈崇峻天皇5年12月8日〉 - 628年4月15日〈推古天皇36年3月7日〉)。
在位期間は36年、『古事記』では 37年で、(神功皇后を含まない)歴代天皇の中では最初の女性天皇。
最も在位期間が長い女性天皇、最も長生きした女性天皇である。
また、女性君主は当時の東アジアではまだみられなかった。
諱は額田部皇女(ぬかたべのひめみこ)。
和風諡号は豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと、『日本書紀』による。
『古事記』では豊御食炊屋比売命という)。
炊屋姫尊とも称される。
漢風諡号の「推古天皇」は代々の天皇と共に淡海三船によって名付けられたとされる。
『古事記』ではこの天皇までを記している。
天皇号を初めて用いた大王という説もあったが、1998年の飛鳥池工房遺跡での天皇の文字を記した木簡が発見されて以降は、天武天皇が最初の天皇号使用者との説が有力となっている。
また、容姿端麗であり、政治感覚に優れていたという。

関連作品