芸能人・経営者のおくやみ情報

茨木のり子 氏(いばらぎのりこ)

詩人[日本]

2006年 2月17日 死去享年81歳

 - ウィキペディアより引用

茨木 のり子(いばらぎ のりこ、本姓・三浦(みうら)、1926年(大正15年)6月12日 - 2006年(平成18年)2月17日)は、日本の詩人、エッセイスト、童話作家、脚本家。
主な詩集に、『見えない配達夫』『鎮魂歌』『自分の感受性くらい』『倚(よ)りかからず』など。
戦時下の女性の青春を描いた代表作の詩「わたしが一番きれいだったとき」(1958年刊行の第二詩集『見えない配達夫』収録)は、多数の国語教科書に掲載されている。

関連作品

茨木のり子さんが亡くなってから、15年と337日が経ちました。(5816日)