芸能人・経営者のおくやみ情報

島崎藤村(しまざきとうそん)

作家[日本]

1943年 8月22日 死去脳溢血享年72歳

島崎藤村 - ウィキペディアより引用

島崎 藤村(しまざき とうそん、1872年3月25日(明治5年2月17日) - 1943年(昭和18年)8月22日)は、日本における詩人又は小説家である。
本名は島崎 春樹(しまざき はるき)。
信州木曾の中山道馬籠(現在の岐阜県中津川市馬籠)生まれ。
帝国芸術院会員。
『文学界』に参界し、ロマン主義に際した詩人として『若菜集』などを出版する。
さらに、主な活動事項を小説に転じたのち、『破戒』や『春』などで代表的な自然主義作家となった。
作品は他に、日本自然主義文学の到達点とされる『家』、姪との近親姦を告白した『新生』、父である島崎正樹をモデルとした歴史小説の大作『夜明け前』などが存在する。

関連作品

島崎藤村が亡くなってから、80年と299日が経過しました。(29519日)