芸能人・経営者のおくやみ情報

徳田秋声(とくだしゅうせい)

作家[日本]

1943年 11月18日 死去肋膜がん享年72歳

徳田秋声 - ウィキペディアより引用

徳田 秋声(とくだ しゅうせい、旧字体:德田 秋聲、1872年2月1日(明治4年12月23日) - 1943年(昭和18年)11月18日)は、日本の小説家。
本名は末雄(すえお)。
日本の近代文学を代表する作家の一人である。
帝国芸術院会員。
石川県金沢市生まれ。
尾崎紅葉門下であったが、現実社会に目を向け『新世帯』『足迹』『黴』『爛』『あらくれ』などを発表。
自然主義的技法の完成者であり、静かに現実を見つめ、それを飾り気なく書き込んでいく作風で、島崎藤村、田山花袋と並ぶ大家となった。
その後自然主義の衰退と共に行き詰まったが、『仮装人物』などで心境小説に新境地を開拓して復活。
絶賛を受けた。
その後『縮図』に取り掛かるも、戦時下に権力の干渉に遭って挫折し絶筆となった。

推定関連画像

徳田秋声が亡くなってから、80年と250日が経過しました。(29470日)