芸能人・経営者のおくやみ情報

幸田露伴(こうだろはん)

作家[日本]

1947年 7月30日 死去享年81歳

 - ウィキペディアより引用

幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日(慶応3年7月23日) - 1947年(昭和22年)7月30日)は、日本の小説家。
本名は成行(しげゆき)。
別号に蝸牛庵(かぎゅうあん)、笹のつゆ、雷音洞主、脱天子など多数。
江戸(現東京都)下谷生れ。
帝国学士院会員。
帝国芸術院会員。
第1回文化勲章受章。
娘の幸田文も随筆家・小説家。
高木卓の伯父。
『風流仏』で評価され、『五重塔』『運命』などの文語体作品で文壇での地位を確立。
尾崎紅葉とともに紅露時代と呼ばれる時代を築いた。
擬古典主義の代表的作家で、また漢文学・日本古典や諸宗教にも通じ、多くの随筆や史伝のほか、『芭蕉七部集評釈』などの古典研究などを残した。
旧来「露伴、漱石、鷗外」と並び称され、日本の近代文学を代表する作家の一人である。

関連作品

  • タイトル
    五重塔
    種別
    Kindle版
    著者
    • 幸田露伴
    出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥0
    中古商品
  • タイトル
    『幸田露伴全集・57作品⇒1冊』
    種別
    Kindle版
    著者
    • 幸田露伴
    出版社
    幸田露伴全集・出版委員会
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥200
    中古商品

幸田露伴が亡くなってから、74年と49日が経過しました。(27078日)