芸能人・経営者のおくやみ情報

木村功 氏(きむらいさお)

俳優[日本]

1981年 7月4日 死去食道がん享年59歳

 - ウィキペディアより引用

木村 功(きむら いさお、1923年6月22日 - 1981年7月4日)は、昭和期の映画俳優。
新劇俳優。
広島県広島市出身。
戦後日本映画史を代表する名優の一人である。
広島市千田町(現・中区千田町)生まれ。
広島二中(現・広島県立広島観音高等学校)卒業後、上京し1941年、文化学院文学部に入学。
在学中より演劇運動に没頭し、様々な学生演劇に出演する。
1943年、文化学院演劇部『華々しき一族』で邦枝梢と共演、見初める。
入隊前に梢との結婚を申し込むが、この時は父で作家邦枝完二の許しは得られなかった。
また、東宝撮影所でアルバイトをしていた友人を訪ねたとき、山本嘉次郎監督にスカウトされ、『ハワイ・マレー沖海戦』に出演した。
1943年、文化学院閉鎖に伴い1年繰上げで卒業後、召集され1944年から1年間海軍生活を送る。
1945年、終戦による復員で広島へ帰郷したが、8月6日の原爆により家族全員を失っている。
1946年、失意のうちに再び上京俳優座に入団。
1948年4月1日、邦枝梢と結婚し、同年暮れより藤沢市鵠沼の梢の実家に同居。

関連作品