芸能人・経営者のおくやみ情報

坪内逍遥(つぼうちしょうよう)

作家[日本]

1935年 2月28日 死去享年77歳

 - ウィキペディアより引用

坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体: 坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。
小説家としては主に明治時代に活躍した。
代表作に『小説神髄』『当世書生気質』及びシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。
本名は.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}坪内雄蔵(つぼうちゆうぞう)。
別号に「朧ろ月夜に如くものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。
俳句も詠んだ。

関連作品

坪内逍遥が亡くなってから、86年と283日が経過しました。(31695日)