芸能人・経営者のおくやみ情報

佐佐木信綱(ささきのぶつな)

歌人、国文学者[日本]

1963年 12月2日 死去享年91歳

佐佐木信綱 - ウィキペディアより引用

佐佐木 信綱(ささき のぶつな、1872年7月8日(明治5年6月3日) - 1963年(昭和38年)12月2日)は、日本の歌人・国文学者。
正三位。
勲六等。
文学博士。
日本学士院会員。
日本芸術院会員。
文化勲章受章。
三重県鈴鹿に生まれた。
父は国学者・歌人。
上京して旧派高崎正風に歌を学び、東大では日本古典文学を専攻。
一時桂園派に連なる歌を詠んだが、和歌改良の風潮に接して革新の気風を抱き、1897年頃から独自の歌境をうち立て、有望な新星として注目された。
1898年には歌誌「心の華」(のち「心の花」)を創刊、「竹柏会」とともに、若手歌人の育成にあたった。
「ひろく、ふかく、おのがじし」をモットーとし、新詩社系、根岸短歌系双方との交流を深めた。
国文学者としての実績も豊富で、特に『万葉集』の研究で有名。
その長年に渡る研鑽に対し、1937年、第1回文化勲章受章。

関連作品

佐佐木信綱が亡くなってから、59年と67日が経過しました。(21617日)