芸能人・経営者のおくやみ情報

平田篤胤(ひらたあつたね)

国学者、思想家[日本]

(天保14年閏9月11日没)

1843年 11月2日 死去享年68歳

 - ウィキペディアより引用

平田 篤胤(ひらた あつたね、安永5年8月24日〈1776年10月6日〉 - 天保14年閏9月11日〈1843年11月2日〉)は、江戸時代後期の国学者・神道家・思想家・医者。
出羽国久保田藩(現在の秋田県秋田市)出身。
成人後、備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。
幼名を正吉、通称を半兵衛。
元服してからは胤行、享和年間以降は篤胤と称した。
号は気吹舎(いぶきのや)、家號を真菅乃屋(ますげのや)。
大角(だいかく)または大壑(だいがく)とも号した。
医者としては玄琢(のちに玄瑞)を使う。
死後、神霊能真柱大人(かむたまのみはしらのうし)の名を白川家より贈られている。
復古神道(古道学)の大成者であり、大国隆正によって荷田春満、賀茂真淵、本居宣長とともに国学四大人(うし)の中の一人として位置付けられている。

関連作品

平田篤胤が亡くなってから、178年と75日が経過しました。(65090日)