芸能人・経営者のおくやみ情報

アイザック・ニュートンIsaac Newton

物理学者数学者[イギリス]

1727年 3月31日 死去享年85歳

アイザック・ニュートン - ウィキペディアより引用

サー・アイザック・ニュートン(英: Sir Isaac Newton、ユリウス暦:1642年12月25日 - 1727年3月20日)はイングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者、神学者である。
主な研究業績としては、現在「ニュートン力学」とも称される古典力学や微積分法の創始があげられる。
物質にはたらく力として万有引力の考え方を提唱し、これは天文学を含む古典力学において長く中核的な役割を果たすことになった。
現在の国際単位系 (SI)における力の計量単位であるニュートン(英: newton、記号: N)は彼の名に因む。
また、光学の発展にも貢献した。
アリストテレス以来の古代の自然観から長らく脱却できずにいた自然科学分野において、実験事実を正確に示す定式化に成功し、人類史における科学のひとつの転換点となった。
科学以外の分野では、造幣局長等に任じられ、1717年にニュートン比価および兌換率を定めた。
これはナポレオン戦争による兌換停止を経た後も、1821年5月にイングランド銀行により再開された。

サー・アイザック・ニュートン(英: Sir Isaac Newton、ユリウス暦:1642年12月25日 - 1727年3月20日)はイングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者、神学者である。
主な研究業績としては、現在「ニュートン力学」とも称される古典力学や微積分法の創始があげられる。
物質にはたらく力として万有引力の考え方を提唱し、これは天文学を含む古典力学において長く中核的な役割を果たすことになった。
現在の国際単位系 (SI)における力の計量単位であるニュートン(英: newton、記号: N)は彼の名に因む。
また、光学の発展にも貢献した。
アリストテレス以来の古代の自然観から長らく脱却できずにいた自然科学分野において、実験事実を正確に示す定式化に成功し、人類史における科学のひとつの転換点となった。
科学以外の分野では、造幣局長等に任じられ、1717年にニュートン比価および兌換率を定めた。
これはナポレオン戦争による兌換停止を経た後も、1821年5月にイングランド銀行により再開された。

推定関連画像

アイザック・ニュートンが亡くなってから、297年と105日が経過しました。(108584日)