芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・キーツJohn Keats

詩人[イギリス]

1821年 2月23日 死去享年27歳

ジョン・キーツ(John Keats、1795年10月31日 - 1821年2月23日)は、イギリスのロマン主義の詩人でバイロン、シェリーとともに第二世代に属する。
結核のため25歳で亡くなるが、出版はその前4年足らずの間の3冊のみであった。
生前は冷遇されたが、死後まもなく名声は急速に拡大。
 19世紀の終わりまでにはキーツは英文学のキャノンとなり、ラファエル前派の文人たちに大いなる影響を与えた。
1888年版の『エンサイクロペディア・ブリタニカ』は彼のオードの一つを「究極的傑作のひとつ」と呼んだ。
キーツは、特にその一連のオードで「官能性に満ちた」スタイルを持っていた。
ロマン主義者の特徴として、彼は自然のイメジャリーを通して感情の極致を強調した。
今日、彼の詩と書簡は英文学の中で最も人気があり、数多く解析されてきており、とりわけ「ナイチンゲールへのオード」 "Ode to a Nightingale", 「ギリシャ壺についてのオード」"Ode on a Grecian Urn", 「眠りと詩」"Sleep and Poetry" そしてソネット「初めてチャップマンのホーマーを読みて」 "On First Looking into Chapman's Homer" がよく読まれている。

関連作品

ジョン・キーツが亡くなってから、201年と223日が経過しました。(73638日)

「ジョン・キーツ」と関連する故人