芸能人・経営者のおくやみ情報

トーマス・ヒル・グリーンThomas Hill Green

哲学者[イギリス]

1882年 3月15日 死去享年47歳

トーマス・ヒル・グリーン - ウィキペディアより引用

トーマス・ヒル・グリーン(Thomas Hill Green、1836年4月7日 - 1882年3月15日)は、イギリスの哲学者。
経歴[編集] 1836年にイングランドのヨークシャーで生まれ、ラグビー校を経てオックスフォード大学のベリオール・カレッジで学ぶ。
1850年にフェローとなり、当初は学生指導員として、後に道徳哲学のホワイト教授として教育に携わることになる。
哲学の研究においては『倫理学序説』(Prolegomena to Ethics)と『政治的義務の原理についての講義』(Lectures on the Principles of Political Obligation)などの業績があるが、生前に刊行されることはなかった。
しかし、グリーンはT・H・グロウスと共にグリーン・グロウス版と呼ばれるデイヴィッド・ヒュームの全集を編んだことで知られており、その序論でグリーンは観念論の立場からヒュームを批判している。
研究だけでなく自由主義者として政治活動にも関与し、その関心は倫理学だけでなく、政治哲学や教育哲学にも及んだ。
1882年、病気により死去。
45歳であった。
思想[編集] 哲学思想[編集] イギリス理想主義のリーダーとして知られ、イマヌエル・カントとヘーゲルの影響を受けた。
グリーンの唱えた人格主義は個々人の人格の陶冶、自己実現を説くものであるが、彼がその背後に神の存在を想定していたことは疑いえない。
彼の真意は神を前提とした人格主義なのか、そうでないのか、その解釈を巡り研究者間で論争がある。
グリーンは理想主義 (アイディアリ ……

推定関連画像

トーマス・ヒル・グリーンが亡くなってから、142年と131日が経過しました。(51997日)

「トーマス・ヒル・グリーン」と関連する故人