芸能人・経営者のおくやみ情報

もりしげ 氏

漫画[日本]

2020年 6月30日 死去

もりしげ(4月10日 - )は日本の漫画家。
茨城県出身。
代表作に『花右京メイド隊』、『こいこい7』、『フダンシズム-腐男子主義-』など。
経歴・作風など ろんどべる名義にて1996年(平成8年)、「おさわがせ悪魔っ娘(デビルン)」(司書房『コミック一番』)で漫画家デビュー。
主に美少女が多く登場するラブコメディー作品を多く描く。
『花右京メイド隊』は、2001年(平成13年)と2004年(平成16年)の二度に渡り、『こいこい7』は2005年(平成17年)にそれぞれTVアニメ化された。
駆け出しの頃は、「学級占領」シリーズなどの猟奇的な成人向けロリータ漫画を描いていた時期があった。
『月刊少年チャンピオン』で仕事をするようになってからはその様な作品は発表しなくなり、作風も、よりキャッチーで明快なものへと変わった。
漫画家・川津健二朗(らーかいらむ)とは、アマチュア時代から交流があり、今でも互いに作画を手伝う事がある。
舞登志郎著のドキュメンタリー・コミック「メジャー漫画家への道」(オークラ出版)では、著者の知人兼指南役として登場、漫画業界の厳しさを説いている。

関連作品