芸能人・経営者のおくやみ情報

樺山資紀(かばやますけのり)

薩摩藩士政治家海軍大将、伯爵[日本]

1922年 2月8日 死去享年86歳

 - ウィキペディアより引用

樺山 資紀(かばやま すけのり、天保8年11月12日(1837年12月9日) - 大正11年(1922年)2月8日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍及び海軍軍人、政治家。
階級は海軍大将。
栄典は従一位大勲位功二級伯爵。
薩摩藩士・橋口与二郎の三男、樺山四郎左衛門の養嗣子。
警視総監(第3代)、海軍大臣(第2代)、海軍軍令部長(第6代)、台湾総督(初代)、枢密顧問官、内務大臣(第15代)、文部大臣(第14代)を歴任した。

関連作品

樺山資紀が亡くなってから、99年と233日が経過しました。(36393日)