芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョサイア・コンドルJosiah Conder

建築家[イギリス]

(お雇い外国人、「日本近代建築の父」)

1920年 6月21日 死去享年67歳

ジョサイア・コンドル - ウィキペディアより引用

ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852年9月28日 - 1920年6月21日) は、イギリスの建築家。
明治政府によって通称「御雇外国人」として日本に招聘された。
明治10年に、工部大学校(現・東京大学工学部)の造家学(建築学)教師として来日して、西洋建築学を教えた。
そのかたわら、明治期の洋館の建築家としても活躍し、上野博物館や鹿鳴館、有栖川宮邸などを設計した。
辰野金吾はじめ創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築いた。
明治23年に退官した後も民間で建築設計事務所を開設し、ニコライ堂や三菱1号館など数多くの建築物を設計した。
日本人女性を妻とし、日本画、日本舞踊、華道、落語といった日本文化の知識も深かった。
河鍋暁斎に師事して日本画を学び、与えられた号は暁英。

関連作品

  • タイトル
    ジョサイア・コンドル
    種別
    単行本
    著者
    出版社
    建築画報社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥4,180
    中古商品
    ¥3,355より
  • タイトル
    ジョサイア・コンドル建築図面集 1
    種別
    単行本
    著者
    • ジョサイア・コンドル
    • 河東義之
    出版社
    中央公論美術出版
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥48,756
    中古商品
    ¥48,756より

ジョサイア・コンドルが亡くなってから、103年と340日が経過しました。(37961日)