芸能人・経営者のおくやみ情報

柳亭種彦(りゅうていたねひこ)

戯作者[日本]

(天保13年7月19日没)

1842年 8月24日 死去享年60歳

柳亭 種彦(りゅうてい たねひこ、天明3年5月12日(1783年6月11日)- 天保13年7月19日(1842年8月24日))は、江戸時代後期の戯作者。
長編合巻『偐紫田舎源氏』などで知られる。
通称は彦四郎、別号に足薪翁、木卯、偐紫楼。
『浮世形六枚屏風』は1847年のドイツ語訳を皮切りに英伊仏訳が出版され、欧米で翻訳された最初期の日本文学と言われる。

関連作品

柳亭種彦が亡くなってから、179年と95日が経過しました。(65475日)