芸能人・経営者のおくやみ情報

吉本せい 氏(よしもとせい)

吉本興業 創業者[日本]

1950年 3月14日 死去肺結核享年62歳

 - ウィキペディアより引用

吉本 せい(よしもと せい、本名:吉本 勢、1889年12月5日 - 1950年3月14日)は吉本興業創業者。
芸能プロモーター。
兵庫県明石市出身。
「女今太閤」「女小林一三」と呼ばれた。
1910年4月の20歳の時に、大阪上町本町橋の荒物問屋「箸吉(はしよし)」の息子吉本吉兵衛(通称:吉本泰三)と結婚(実際には1907年12月の18歳のころから結婚生活であった)。
1912年に夫婦で天満八軒※の一つ「第二文芸館」を入手。
寄席経営をはじめる。
1913年に吉本興行部(後の吉本興業)設立。
1948年に吉本興業合名会社(1932年に設立)から吉本興業株式会社に改組。
会長に就任。
※天満八軒は昔、飲食店や土産物屋が立ち並ぶ8軒の寄席が集まったことから、大阪の人々はそう呼んでいた。
親族ほか 実弟は林正之助と東京吉本社長も務めた林弘高がいた。
夫・吉兵衛とは1924年に死別。
吉兵衛との間には吉本穎右他、子があったが、穎右(1947年,24歳没)ほか多くは早世している。

関連作品