芸能人・経営者のおくやみ情報

尾崎行雄 氏(おざきゆきお)

政治家[日本]

1954年 10月6日 死去享年97歳

 - ウィキペディアより引用

尾崎 行雄(おざき ゆきお、安政5年11月20日(1858年12月24日) - 昭和29年(1954年)10月6日)は、日本の政治家。
日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。
正三位勲一等(1946年(昭和21年)5月4日付返上)。
伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神。
号は咢堂(がくどう。
最初学堂。
愕堂を経て咢堂)。
称号は衆議院名誉議員、東京都名誉都民。
世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初代会長。
生い立ち 安政5年11月20日(1858年12月24日)、相模国津久井県又野村(現・神奈川県相模原市緑区又野)生まれ。
幼名は彦太郎。
行雄の父・尾崎行正の生家は漢方医を業とし、漢学者・藤森弘庵の私塾に桂小五郎(木戸孝允)の先輩として学んだ。
尾崎家の先祖は今川義元の家来で、武田信玄に攻め立てられて没落した。
尾崎家は天正18年(1590年)に後北条氏が滅びてから又野に移り、累世相続いて里長となる。

関連作品