芸能人・経営者のおくやみ情報

三木武夫 氏(みきたけお)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1988年 11月14日 死去急性心不全享年82歳

 - ウィキペディアより引用

三木 武夫(みき たけお、1907年(明治40年)3月17日 - 1988年(昭和63年)11月14日)は、徳島県出身の日本の政治家である。
三木は明治大学卒業直後、林内閣の食い逃げ解散によって行われた1937年(昭和12年)の総選挙で、当時最年少記録の30歳で衆議院議員に初当選した。
1942年(昭和17年)の翼賛選挙では翼賛政治体制協議会非推薦候補として当選を果たし、1988年(昭和63年)に議員在職中に死去するまで当選19回、51年あまりに亘って衆議院議員を務める。
戦後は協同民主党、国民協同党、国民民主党、改進党、日本民主党と所属政党を変え、1955年(昭和30年)の保守合同後は自由民主党に所属する。
三木は所属したほとんどの政党で党首ないし幹事長、書記長といった党幹部を歴任した。
また逓信大臣(第51代)、運輸大臣(第17代・第18代)、経済企画庁長官(第6代)、科学技術庁長官(第5代・第10代)。
通商産業大臣(第27代)、外務大臣(第95・96代)、副総理(第1次田中角榮内閣・第2次田中角榮内閣)、環境庁長官(第4代)と閣僚を歴任した後、内閣総理大臣(第66代)を務める。

関連商品

  • タイトル
    三木武夫秘書回顧録--三角大福中時代を語る
    著者
    • 岩野美代治
    • 竹内桂
    出版社
    吉田書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥4,400
    中古商品
    ¥2,800より
  • タイトル
    政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)
    著者
    • 倉山満
    出版社
    講談社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥693
    中古商品
    ¥54より
  • 品名
    議会政治とともに―三木武夫演説・発言集 (1984年)
    販売者
    三木武夫出版記念会
    発売日
    新品価格
    ¥7,983
    中古商品
    ¥7,361より
  • タイトル
    総理の妻―三木武夫と歩いた生涯
    著者
    • 明治大学史資料センター
    • 明治大学三木武夫研究会
    • 三木睦子
    出版社
    日本経済評論社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥2,200
    中古商品
    ¥743より
  • 品名
    劇画自民党総裁 激闘・三木武夫vs福田赳夫 (SPコミックス)
    販売者
    リイド社
    発売日
    新品価格
    ¥389
    中古商品
    ¥389より
  • タイトル
    三木武夫研究
    著者
    • 小西徳應
    • 明治大学史資料センター
    出版社
    日本経済評論社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥5,720
    中古商品
    ¥4,203より
  • タイトル
    三木武夫元総理の霊言 ~戦後政治は、どこから歯車が狂ったのか~
    著者
    • 大川隆法
    出版社
    幸福の科学出版
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,540
    中古商品
    ¥307より
  • タイトル
    信なくば立たず―夫・三木武夫との五十年
    著者
    出版社
    講談社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥16
    中古商品
    ¥16より
  • タイトル
    池上彰と学ぶ日本の総理 第8号 三木武夫 (小学館ウィークリーブック)
    著者
    • 「池上彰と学ぶ日本の総理」編集部
    出版社
    小学館
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥605
    中古商品
  • みきたけお [生]1907.3.17.徳島[没]1988.11.14.東京政治家。内閣総理大臣(首相。在任1974~76)。1937年,明治大学卒業後に衆議院議員総選挙で初当選。以来第2次世界大戦前・後を通じ連続当選19回,議員歴51年7ヵ月。1942年の翼賛選挙に非推薦で当選,戦後は協同民主党を経て1947年国民協同党を結成,書記長,委員長となる。片山哲連立内閣で逓信大臣を務めた。民主党と合同し,その後身の改進党の幹事長となり,保守第2党にあって反吉田茂を貫いた。1955年の保守合同後,1956年石橋湛山首相,1964年池田勇人首相のもとで自由民主党幹事長を務めた。岸信介内閣,池田内閣,佐藤栄作内閣に入閣したが,岸政権には批判的で,六十年安保(→安保改定問題)でも批判的行動をとった。佐藤政権では沖縄返還の方式で対立,外務大臣を辞任。佐藤とは2回自民党総裁の座を争い敗れた。1972年7月,三たび総裁選挙に出馬し,田中角栄,福田赳夫と争い敗れたが田中政権に入閣,のち副総理に任命された。しかし1974年7月,田中と対立して閣外に去った。同1974年11月その批判の対象であった田中が金権政治攻撃により失脚し,12月に自民党副総裁椎名悦三郎により総裁に推され,首相の座についた。政権2年,政治資金規正法の改正,ロッキード事件の徹底究明など,政治浄化には成果を上げたが,党内では少数派で非力であった。1976年防衛費を国民総生産GNPの1%以内に抑える方針を閣議決定。1976年末の総選挙敗北の責任を負い退陣した。1983年国際軍縮促進議員連盟会長。 (引用元 コトバンク)